フランチャイズのメリットとは?加盟前に知っておくべき注意点も解説

フランチャイズ加盟を検討している方にとって、フランチャイズの仕組みは理解できても実際にどんなメリットがあるのか気になる方は多いのではないでしょうか?

フランチャイズには集客不要で運営業務に集中できたり本部からの研修サポートや経営補助があるなど未経験の方でも安心して取り組めるメリットがあります。

しかし、加盟前には理解すべき注意点も押さえておく必要があり、メリット・デメリット両方を知った上で加盟を決めるべきです。

この記事では、フランチャイズのメリットと注意点を徹底解説し、おすすめのフランチャイズモデルをご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

フランチャイズ加盟のメリット

フランチャイズ加盟のメリット

フランチャイズとして独立・開業する際に、得られるメリットは知名度のある商標・サービス名を使えたり、低資金で始められるなどが挙げられますが、それ以外にもたくさんあります。

中でも知って欲しいメリットを以下から解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

フランチャイズの代表的なメリットは以下の3つです。

・集客力に大きなアドバンテージを持てる

・本部の手厚いサポートを受けられる

・店舗運営・業務に集中できる

では、それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

 

・集客力に大きなアドバンテージを持てる

フランチャイズ本部が長年培ってきたブランド力(知名度)とサービス力を、そのまま活用して事業ができるのはフランチャイズビジネスの大きなメリットです。

集客(営業)方法など、事業運営や経営未経験の方が、新しくサービスを始めて起業する際、多くの方に認知されることが最初にぶつかる高い壁となります。

しかし、フランチャイズ加盟店であれば「聞いたことがある」「見たことがある」看板を利用することができ、開業初日から集客することが可能です。

さらに、認知度を上げ集客力を高めるための広告・宣伝(Web広告やCM、チラシなど)は本部が行い事業自体の後押しを受けられます。

 

・本部の手厚いサポートを受けられる

フランチャイズに加盟すると、ブランド(商標、イメージ)を利用できるだけではなく、顧客獲得のための営業から経営ノウハウなどを受けられることも可能です。

開業前に行われる研修や開業後の継続的なレクチャーなど、事業運営に関する必要な手厚いサポートを受けられます。

つまり、初めて事業運営・経営に挑戦する方でも、安心して開業にチャレンジすることができます。

 

・店舗運営・業務に集中できる

事業を長く継続させるためには、マーケティングや商品開発、サービス改善の他に、人員を増やしたときのためのマニュアルの作成が必要です。

さらに、サプライチェーンといった仕入れから販売までの構築も必要で、店舗運営や業務を進めながら1人で行うのは難しいです。

しかし、フランチャイズ本部のサポートによりこれらの業務を全て任せることが可能であり、加盟店は店舗運営に専念することができます。

こうした1つのサービスを完遂するのに必要な複雑でさまざま作業を本部が担ってくれることで、1人で開業するよりも負担が軽くなるため、「自分のやるべきことに集中できる」のは大きなメリットの1つとなります。

フランチャイズ加盟時に知っておくべき注意点

儲からないフランチャイズの特徴

次に解説するのはフランチャイズビジネスの注意点です。

良いビジネス(フランチャイズ)モデルであれば、誰でも成功するわけではないということは理解できると思います。

しかし、独立前に思い描いていた働き方と違う、利益の出し方が違うなどのギャップは極力避けたいはずです。

以下の注意点をおさえて理解しておけば、「思っていたのと違う…」といったことは避けられるはずです。

事業内容によって注意点が異なる場合もありますが、基本的に全てのモデルに共通する注意点は以下の3つです。

・ロイヤリティが発生する

・店舗運営・経営に関する自己裁量権に制限がある

・本部または他の加盟店によって運営が左右される

それぞれの注意点について詳しく解説します。

 

・ロイヤリティが発生する

フランチャイズビジネスでは、加盟店が本部に事業継続中はロイヤリティを支払うといったルールがあります。

ロイヤリティ率はフランチャイズ本部によって異なりますが、固定型から変動型(売上に応じたパーセンテージ)などさまざまです。

固定型の場合、利益が確保できていない状況でも、ロイヤリティを支払う必要があり、ランニングコストとして負担になることも。

変動型の場合は、売上もしくは利益に応じたロイヤリティなので基本的にロイヤリティによって赤字になるということはありません。

ロイヤリティについては本部側が割合や金額を定めており、ロイヤリティで経営が圧迫されたくないという方は変動型・成果型のフランチャイズ加盟をおすすめします。

フランチャイズにおけるロイヤリティについては下記の記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

【フランチャイズ(FC)の意味を解説!特徴や直営店との違いとは】

フランチャイズ(FC)の意味を解説!特徴や直営店との違いとは

 

・店舗運営・経営に関する自己裁量権に制限がある

フランチャイズ加盟店は基本的に本部の運営方針のもとに事業運営を行う必要があります。

商品・サービスの金額設定、販売戦略の施策決定など、運営に関する方針は本部が管理することが多いです。

また、加盟店は本部が決めたマニュアルに従って業務を遂行する必要があり、ビジネスオーナーであっても自由に経営方針を決められない点についてはあらかじめ理解しておきましょう。

しかし、自由にできないという観点では、デメリットとも言えますが、成功までの近道を作ってくれていると考えればそこまで深く考える必要もないかもしれません。

サービスが改善するための相談などはできるため、遠慮をせずに提案しても問題ありません。

 

・本部のブランド力に運営が左右される

フランチャイズ本部と全ての加盟店は、運命共同体といっても過言ではありません。

例えば、本部あるいは他の加盟店で不祥事が起こった場合、その悪影響の波は、すべての加盟店に及びます。

フランチャイズに限らず、全てのビジネスにおいて意図していないハプニングは付きものですが、自分自身が原因ではないトラブルも起きうるということは念頭に置いておきましょう。

逆を言えば良いイメージが世間に広まれば、自分の店舗に追い風が吹きます。

フランチャイズ加盟時にはメリット・デメリット両方を理解した上で決断すべき

フランチャイズビジネスは、未経験でも独立志望のある方にとって多くのメリットがあるビジネスモデルです。

自分の希望する働き方にマッチしているか、無理のない範囲の開業資金であるかなど、メリットと注意点を理解した上でフランチャイズ加盟先を選びましょう。

全て好条件・理想通りのビジネスモデルを探すのは難しいかもしれません。

しかし、加盟前に行う本部との面談(相談)で、聞いてみたら意外と心配しなくて良かったなど、自分とビジネスの可能性を広げられることもあります。

気になるポイントや懸念点を全て聞くことは可能です。

安心して始められるよう、明確になっていない不安要素を払拭してから加盟を決めることをおすすめします。

フランチャイズとして独立するならダイキチがおすすめ!

独立・開業に対して不安がある…だけど自分が軸となるビジネスを始めたいと考えているならダイキチのフランチャイズがおすすめです。

ダイキチでは、日本唯一無二のフランチャイズモデルである、「営業活動一切なし」という製販分離のフランチャイズモデルを採用しているため、業務・稼働に集中することができます。

ダイキチでは、未経験の方でも安心できるポイントとして、開業前の研修・実習サポートが充実しているだけではなく、開業後も経営・事業運営のサポートを行います。

また、加盟店同士の交流もあり、事業を伸ばすために必要な知識を実際に同サービスで運営している方の声を聞きながら自身の会社にも取り込んでいけるといったメリットもあります。

つまり、理想と現実がまじ合うノウハウを身に付けながら経営することが可能です。

ダイキチのフランチャイズモデルについては、下記の記事で詳しく解説しています。

本部からのサポート内容・ダイキチにフランチャイズ加盟するメリットを知ることができますので、ぜひご覧ください。

日本唯一無二のフランチャイズモデル【ダイキチ】

当社の特徴

まとめ

この記事では、フランチャイズビジネスのメリットと理解しておくべき注意点について解説しました。

この記事でのポイントは以下の通りです。

・フランチャイズとして独立することにより初動の利益を獲得しやすい

・経営未経験の場合でも本部からのサポートで運営・業務に集中できる

・フランチャイズはメリットばかりではなく注意点も理解した上で加盟を決断すべき

フランチャイズには独立を希望する方の中では最適な開業方法かもしれません。

しかし、どのビジネスでも注意すべきポイントはたくさんあります。

この記事で解説したメリットと理解しておくべき点を参考に、フランチャイズとして独立することを検討してみてはいかがでしょうか?